ギャラリーについて

和歌山県福祉事業団は、障害のある方の芸術を中心とする活動により生み出された作品の発表や販売等を促進することを目的として、2箇所のギャラリーを運営しています。

 この2つのギャラリーは、法人理念を体現している場所です。法人が掲げる「普通(ノーマライゼーション)の社会づくり」という理念は、形の見えにくいものですが、作家の表現に対する譲れない想いから生まれた作品は、有形であり、障害の有無に関わらず人格と個性が発揮された普遍的な価値を有しています。つまり、作品を通して、「普通」ということを直に感じて頂くことが出来ます。

 さて、そんな2つのギャラリーで、2015年に初めての企画展となる「アールブリュット和歌山展 魂のであうところ」を開催し、個性的で素晴らしい作家と作品をご紹介しました。今後も、より多くの方々とつながり、ネットワークを構築し、まだ埋もれているであろう作家の発掘、作品の効果的な発信を図って参ります。

本ギャラリーにおいて、作者の魂の内なる衝動から生み出される自由な表現との出会いから、新たな感動が生まれることを、そして素晴らしい表現者たちの存在を知って頂くことを願っています。

 なお、本サイトも、初めての企画展を記念して「ART BRUT WAKAYAMA」と名付けました。ギャラリー同様、多くの方に親しんで頂ければ幸いです。

アールブリュットとは?

生(き)の芸術などを意味する仏語で、英語では「アウトサイダーアート」と訳されています。