無題

作家紹介

普段の彼女の創作は、独り言をつぶやいたかと思うと、時にはにこにこ笑い、コツコツと手を動かして、毛糸を編みあげていく。彼女の作品は、太陽や花のようであり、ともすれば、空想の世界に登場する生き物のようでもあり、色彩豊かで力強い独特の風合いが感じられる。