無題

作家紹介(壁画)

「色塗ってるの。」そう言って描くタッチは優しくて繊細だ。

彼が油絵に取り組み始めたのは今年からだ。顔や服に絵具が付くのも気にせずに創作に励む。

お喋りしながら。時には歌を歌いながら。

何度も塗り重ねられた事によって生まれる色合いの変化を、彼は楽しんでいる。

 

作家紹介(編物)

普段の彼女の創作は、独り言をつぶやいたかと思うと、時にはにこにこ笑い、コツコツと手を動かして、毛糸を編みあげていく。彼女の作品は、太陽や花のようであり、ともすれば、空想の世界に登場する生き物のようでもあり、色彩豊かで力強い独特の風合いが感じられる。