無題

普段から月1回のアート教室に行くのを楽しみにしており「絵を描きに行く」という彼の訴えをよく聞く。彼の絵は、いつも同じような人を描き、必ず自分の名前を記して完成となる。しかしよく見ると、口が違ったりと、少しずつ違いがある。