無題

作家紹介

時には鼻歌を歌いながら、また時にはこの集中力はどこからくるんだろうと感心させられるほど何時間も無言で没頭して作品を描く。色鉛筆やクレヨン等を使って独特なタッチと色彩で描かれる彼女の作品は、見る人がそれぞれ様々な思いを感じ、想像力をかきたてられる。まさに「未来」や「希望」という言葉がぴったりだ。これからも素晴らしい作品を描き続けるだろう。