PROJECTSプロジェクト

ホームプロジェクト障害者芸術文化活動普及支援事業

障害者芸術文化活動普及支援事業

和歌山県福祉事業団は、平成29年度障害者芸術文化活動普及支援事業の採択を受けました。

本事業は、障害者の芸術文化活動の支援を推進する観点から、障害者芸術活動支援モデル事業で培った支援ノウハウを全国展開することにより、障害者の芸術文化活動(美術、演劇、音楽等)の更なる振興を図ることを目的としています。

※障害者芸術活動支援モデル事業とは、平成26年度より3年間実施された障害のある作者やその家族、障害のある人たちの造形活動を支援する人たちを支える様々なプログラムを実施し、そのノウハウを積み上げて、全国に普及していくことを目的とした事業

当法人では、今年1年間をかけて、以下の事業に取り組む予定です。

障害者芸術文化活動支援センターの設置

障害者芸術文化活動支援センターは、障害者およびその家族ならびに福祉事業所等で障害者の芸術文化活動の支援を行う者への支援を推進することを目的とし、現在支援を行っている者、あるいはこれから支援を行おうとする者を支える中間支援を主たる役割としています。

人材育成のための研修

障害者の芸術文化活動を支援する人材を育成する目的で、「著作権等の権利保護に関する研修」「障害者への芸術文化活動の支援方法に関する研修」を開催します。

現在の開催計画は以下のとおりです。

1 著作権等の権利保護に関する研修

 ①障害のある作家の権利について/著作権とは

 ②先進地から学ぶ(権利擁護の取り組みの実践報告)

2 障害者への芸術文化活動の支援方法に関する研修

 ①先進地視察(創作環境づくり等を学ぶ)

 ②芸術活動を支援するということ

 ③画材・技法を学ぶ

 ④作品を見て頂くための準備(展覧会を開催する)

※詳細が決まり次第、随時、お知らせします。

関係者のネットワーク化

芸術文化活動を支える人材が連携・協力できるよう、障害者やその家族、芸術文化活動を支援する福祉事業所等や特別支援学校の職員の方、芸術文化活動に理解のある専門家の方、県・市町村の障害福祉担当職員の方・芸術文化担当職員の方等の情報交換の場を設けます。

特に、当県では、既に、各法人、各事業者が単体で取り組んでいる活動がありますので、それをネットワーク化していければと考えています。

展覧会の開催

福祉事業所等の支援者、芸術文化活動に理解のある専門家等の関係者と連携して企画し、和歌山県に住む作家の方の作品を集めた展覧会を開催します。

県内4ヶ所での開催を予定しています。

 ・ 和歌山県民文化会館 展示室(和歌山市)

 ・ 和歌山県福祉事業団 ぎゃらりーなかがわ(御坊市)

 ・ 紀南文化会館 展示ホール(田辺市)

 ・ 太地町立石垣記念館(太地町)

 

※右の写真は、ぎゃらりーなかがわ(昨年度の展覧会)

協力委員会の設置

県内において障害者の芸術文化活動を普及・推進していくためには、福祉分野や芸術文化分野のみにとどまらない分野横断的な協力体制を整備することが必要です。

本事業全体の進捗状況の確認等を行う協力委員会を設置し、事業の実施に必要な協力を得たいと考えています。

・協力委員の構成(所属等のみ記載) 

  和歌山県障害福祉課 

  和歌山県文化学術課

  上富田町住民生活課

  上富田町教育委員会

  和歌山県立近代美術館

  弁護士

  美術造形作家

  和歌山県知的障害者福祉協会

  県立特別支援学校

  社会福祉法人和歌山県福祉事業団

調査・発掘、評価・発信

県内の作品等の芸術文化活動に関する評価を踏まえた発信を行うため、専門家の方と当法人が連携して、芸術文化活動を行う障害者や作品の調査・発掘を行うと共に、評価委員会を開催し、作品等の評価を行い、展覧会等で発信していきます。

 

障害者芸術・文化祭との連携

平成33年度に、和歌山県において障害者芸術・文化祭が開催されることが内定しました。

それに伴い、障害者芸術・文化祭及び国民文化祭の広報活動のための他団体主催のイベントの開催も、今年度から計画されています。これらの活動とも協力していく予定です。

なお、平成29年度の障害者芸術・文化祭については、開催県が奈良県であり、隣接している地理的関係性を活かして、可能な限り連携を図っていきます。

一覧ページへ

PAGE TOP