クジュウ3

活動記録

2021年01月20日

こんにちは! 「里親支援センターほっと」です。

 

令和3年を迎え、ほっとも5年目を迎える事ができました。

まだまだ知られていない「里親制度」。家庭的な養育環境を必要としている子どもたちが和歌山県、紀南地方にたくさんいます。

 

今年度も引き続き、様々な視点から、里親制度の普及・啓発に努めて行きたいと思います。

「里親制度」を知ってもらい、正しく理解してもらうことで、里親として活動しやすい環境をつくり、子どもたちが、安心・安定した生活が送れるように、努めていきたいと思います。

里親啓発・普及には、「人と人とのつながり」がとても大切です。そうした中で、たくさんの方々にご尽力いただき、12月は、様々な場所での啓発を行なってきました。その様子をご紹介します。

上富田町の口熊野山桃会様の「あっそDEえきなかまるしぇ」というイベントに参加させていただき、マルシェに来られた方々に、「里親」について知ってもらう機会ができました。

かみとんだ山桃会 山桃会3                                 かみとだ山桃会2

また、新宮市を中心に啓発活動も行ないました。熊野川町にある「ブックcaféクジュウ」様での、さとおやcaféほっと開催や、イオン新宮店で啓発活動をさせていただきました。新宮市役所では、1ヶ月間、里親制度のパネル展示を行ないました。

(ブックcaféクジュウ)

kujyu2  kujyu1  クジュウ2

 

(イオン新宮店)

イオン新宮店舗2 イオン新宮啓発様子

 

(新宮市役所)

新宮市役所 新宮市役所2

Caféの案内については、紀南新聞様・熊野新聞様に案内記事を紹介していただきました。このように、啓発活動を継続することで、地域の方々が「里親」という言葉を目にする機会を増やし、少しでも里親について知っていただければと思います。

最近では、啓発活動をしていても、里親について質問を受けることや、里親になりたいと声をかけてくれる方が増えてきました。

このように、当センターが活動できていることも、多くの方々のご理解、ご協力があってこそだと感じています。

 

今年度は、コロナ禍の中で、様々な制限があるなかでの活動となりました。再び、緊急事態宣言が出される府県もあり、予断を許さない状況での、不安な生活を送る毎日です。当センターとしても、感染対策を徹底し、「今できること」に取り組んで行きたいと思います。

 

詳細はコチラから→(https://www.wfj.or.jp/hot)ほっとQR

里親支援センターほっと 西牟婁郡上富田町岩田2456-1

TEL:0739-34-2735(川口・玉置)

TOP PAGE