こざがわ (1)

第5回アールブリュット和歌山展 魂のであうところ スタート!!

2019年09月13日

9月13日から「第5回アールブリュット和歌山展 魂のであうところ」が始まりました

この展覧会は、平成27年度より毎年、開催しているもので、毎年、来場者数が増えるなど、大きな反響を頂いております

今年も、県内の主に障害のある方々を支援する6つの事業者が協力して準備し、先行展、巡回展を含め県内の5会場(過去最多!)において開催するものです。

最終の和歌山会場が終了するのが、2月28日ですので、長丁場となる展覧会ですが、現在も、御坊市(ぎゃらりーなかがわ)で開催する本展に向けて、作品発掘を続けています。

そんな中で、今回、始まったのは東牟婁圏域での先行展です。「あれっ??」と思われた方は、かなりの「アールブリュット和歌山展」通。そうです。過去の4回展は全て、和歌山市の会場からのスタートでしたので、今回、初めて、東牟婁会場からのスタートとなります

というのも、今年の4月に、串本町に紀南地域の芸術文化活動の拠点となる新たなアートギャラリー「ぎゃらりーこざがわ」を開設したことに伴い、会場数が増えるとともに、開催順についても変更しました。清流古座川のほとりにあるギャラリーです

こざがわ (1)

展覧会は、和歌山に生きる個性あふれる作者たちの作品を、展示したものです。

芸術の秋!近くに行かれた際は、是非、お立ち寄りください

展覧会の詳細→こちらから

 

石垣記念館 (2) 石垣記念館 (1)

石垣記念館 (3) 石垣記念館 (4)

太地町立石垣記念館の詳細→こちらから

 

こざがわ (2) こざがわ (3)

こざがわ (4)

ぎゃらりーこざがわの詳細→こちらから

※本ギャラリーには、「うどんとうなぎの古座川」が併設しており、食事も楽しんで頂けます

 

TOP PAGE