IMG_8879

「うれしい」の感情を知る その2

2021年12月08日

第4回 サポートプログラム どんまいず ブログのその②です。

改めまして第4回のスケジュールです。

IMG_8877

 

~会話をする~

IMG_8879

話す人、聞く人に分かれ「自分の好きなこと」をテーマに、画像にあるルールを守りながらスタッフと一対一で話しました。

話す内容を事前に決め、聞き手は内容をメモしながら聞き、質問をしました。

話す人も聞く人もルールを守り、会話を楽しんでいました。

 

~レクリエーション~

今回も卓球バレーをしました。

連敗中の子どもチームは試合開始前から闘志を燃やしていました。

一方連勝中の保護者チームは余裕の表情。

今回も作戦タイムを設け、席順などを話し合いました。

第1試合、気合の入った子どもチームの猛攻もむなしく、保護者チームの勝利。

第2試合、大人チームが先制しましたがそこから子どもチームのすさまじい追い上げ。そしてついに子どもチームはマッチポイント。

最後は綺麗に一本を決め、念願の勝利をつかみ取りました。

勝利した子どもチームはハイタッチで喜びを分かち合いました。

 

~リラックス法(丹田呼吸)~

IMG_8903

毎度おなじみのリラックス法「丹田呼吸」です。

「丹田呼吸」

丹田に両手を当てて、意識しながら5秒間思い切り息を吐いた後、3秒間鼻から息を吸います。

これを数回繰り返します。

 

「丹田」とは、おへそからおおよそ指3本分下の位置です。

「丹田」は気が集まる場所と言われています。

ここを意識しながら呼吸することで、気持ちを落ち着かせることが可能であると考えられています。

丹田呼吸は時間や場所を問わず、いつでもどこでも行える事がメリットです。

イライラしたときや、緊張した時には、一度試してみてはいかがでしょうか。

毎回登場する丹田呼吸、そろそろブログを読んでくださっている皆さんにも覚えていただけたでしょうか?

 

~参加者の良い所を発表する~

今回もスタッフから、プログラムを通して見つけた参加者の良かったところを伝えました。褒められることは恥ずかしくもありますが、自尊心を育む上で大切なことです。

 

~まとめ~

IMG_8878

・自分のうれしい感情は出来事によってうれしい大きさが違う。

・同じ出来事であっても、人によってうれしい大きさが違う。

・会話にはルールがある

話したいときには「今いいですか?」「○○の話ですが」など一声かける。

・自分の体の変化に気付くと、自分の感情もわかる。

感情は目に見えませんが、体の変化から、自分の感情を知ることが出来ます。

 

今回は「うれしい」の感情を取り上げて考えました。。

次回第5回どんまいずは「不安」の感情を考えていきます。

IMG_8905

どんまいずに関して詳しく知りたい方は、和歌山県福祉事業団ホームページをご覧ください。

TOP PAGE