Monthly Archives: 4月 2017

アールブリュット和歌山展 

特製のタペストリーです。オリジナルロゴマークをデザインしています。

無題

作家紹介

いつも明るく挨拶をする。「よろしくね」そう言いながら創作に取り掛かる。

CMの歌を唄ったり、おしゃべりしたりながら絵を描いているので、キャンバスの上を筆が

踊っている様に描かれてゆく。

彼だけの色遣いと自由なタッチを自ら楽しんでいる。

展示風景

『ぎゃらりーなかがわ』庭からの展示風景です。

無題

作家紹介

自分の部屋で、うつ伏せになって絵を描くことが彼女のスタイル。部屋はカラフルなペンや積み木で溢れ、歌を口ずさみながら彼女だけの世界を描いている。

そして、小さくちぎって完成。たまにはちぎらず大きなままの時も。最近は、セロテープを

使い、ちぎった紙をつなげていく。そうしてできた作品は、彼女の魂が込められているようだ。

彼女の作品は、日々進歩している。

 

無題

作家紹介

何事にも真面目で一生懸命な彼を一言で表すと「仕事人間」だ。そんな彼が初めて絵を描く楽しさを知った。

時間を忘れるほど没頭している姿は、第二の人生を満喫しているかのようである。

無題

作家紹介

彼女の周りにはいつも優しい風がそよそよと吹いているようだ。その優しさは誰かを包み、そして穏やかな気持ちにさせる。

その優しさの中にある強い気持ちが、絵の中に現れた。

無題

作家紹介

彼女が作品に取り組むのは、午前中の自分の個別課題を仕上げた後に、昼食までの限られた時間。

自らロッカーからスケッチブックと色鉛筆やクレヨンを取り出すと、スケッチブックを開き、以前の作品を確認する。そして、道具を握ると、独自の世界に入り集中し、黙々と作品を仕上げる。

無題

『ぎゃらりーなかがわ』応接室の展示風景です。

 

 

 

丸皿

作家紹介

「できた!できました!」と今日も彼女の声が作業場に響き渡る。誰にも負けないスピードと集中力で土を操り、次々と規則正しい形に仕上げていく。それは約20年間作り続けてきた賜物だ。

その数は、10万枚を優に超えた。

野菜

作家紹介

私の得意な事は作品を作る事です。好きな事はアニメを見る事です。

今までの作品の中でも1番いいなと思ったのは魚をたくさんの種類を作ったことです。

今回は、野菜を作りました。

楽しい事もありますがつらい事もあり、色々勉強になっています。

今は農業をしています、今年は冬の野菜を作りたいです。これからもがんばります。

(文:作者)

無題

作家紹介

グループホームで生活している彼は、毎日仕事から帰るとどんなに疲れていても必ず机の前に座り絵筆をとっている。

時には絵を描くことに没頭し、何時間も描き続けている。

彼にとって絵画は単なる楽しみではなく、生活の一部であり、大切な自己表現の手段でもあるのだ。

無題

作家紹介(書)

正義感が強くリーダー的存在の彼は、普段は明るく、ユーモアたっぷりで人気者。

そんな彼は、毎日少しずつではあるが、写経を行っている。普段の明るくニコニコした表情とはまるで違い、凛とした表情で静かに向き合い、一文字一文字丁寧に書きあげている。