丸皿

作家紹介

「できた!できました!」と今日も彼女の声が作業場に響き渡る。誰にも負けないスピードと集中力で土を操り、次々と規則正しい形に仕上げていく。それは約20年間作り続けてきた賜物だ。

その数は、10万枚を優に超えた。