無題

作家紹介

グループホームで生活している彼は、毎日仕事から帰るとどんなに疲れていても必ず机の前に座り絵筆をとっている。

時には絵を描くことに没頭し、何時間も描き続けている。

彼にとって絵画は単なる楽しみではなく、生活の一部であり、大切な自己表現の手段でもあるのだ。