里親になるためには

里親になるためには

里親になるまでの流れ

児童相談所や支援機関に相談し、説明を受けます。

研修は、4日間で里親制度や子どもの権利擁護について学び乳児院などで実習も行います。

都道府県の審査を経て、里親登録となります。

子どもの紹介を受けて面会し、外出や数日間の宿泊などで交流します。

子どもとの生活が始まります。

養育里親・養子縁組里親は5年、専門里親は2年ごとに更新研修を受講します。

里親になるまでの要件

  • 子どもの養育に理解・熱意と子どもへの豊かな愛情を持てること。
  • 経済的に困っていないこと。
  • 児童福祉法などの法律違反や子どもへの虐待などの問題がないこと。
  • 里親認定研修を受けていただくこと。

里親委託後の支援は

児童相談所や支援機関、関係機関等の職員が家庭訪問や、面接を行います。里親や子どもからの相談にも応じます。里親サロンや研修会を通して里親の支援を行います。

また、「レスパイトケア」など里親が利用できる一時的な休息制度もあります。