PROJECTSプロジェクト

ホームプロジェクト重症心身障害児者等在宅医療等連携体制整備事業

重症心身障害児者等在宅医療等連携体制整備事業

医療技術の進歩により、在宅で過ごされている重症心身障害児者の方が多く在宅で生活をしたいという、家族の希望も強くあります。

そのためには、医療・福祉・教育・行政など様々な支援を受けることが必要となります。重症心身障害児者の方や家族の方が、在宅で安心して生活できるように地域生活支援連携体制整備を行っていくことを目的としている事業で、和歌山県からの委託を受け、平成27年1月より開始しています。

西牟婁・東牟婁圏域を南紀医療福祉センター、伊都・那賀圏域をつくし医療福祉センター、和歌山・海草圏域を愛徳医療福祉センターで担当しています。

具体的な取り組みとして、①関係機関による検討会 ②各関係機関等への研修 ③重症心身障害児者・家族に対する支援等を実施します。

地域の実情や課題・ニーズ等を把握し支援に繋げるため、アンケート調査の実施、西牟婁・新宮東牟婁圏域自立支援協議会と協働を図り関係機関と連携して相談支援や研修会を実施しています。又、月1回の圏域担当看護師会議で自圏域の状況・活動内容報告・情報の共有・意見交換等を行い支援方法について検討しています。

当整備事業において、すぐに何かを変えることは難しいのですが、在宅で重症心身障害児者の方や家族の方がどのように生活されているのか、何を必要としているのか等を把握し、今後の地域生活支援のあり方について圏域関係機関と連携を図り検討・実施していくことは大切であると考えています。

周知を図るため、県民の友・ホームページへの掲載、ポスター・チラシ等での広報活動も行っています。

当整備事業について御理解頂き、御指導・御協力のほどよろしくお願い致します。

 

重症心身障害児者等在宅医療等連携体制整備事業ポスター

一覧ページへ

PAGE TOP