RECRUIT採用情報

ホーム職員の声人とのつながりが魅力

VOICE新規採用職員

人とのつながりが魅力
氏名 中西麻友
勤務先 牟婁さくら園
職種・職務等 管理栄養士
採用年月日 平成30年2月16日

仕事内容

入所施設、グループホームや児童ディサービスへの食事の提供をします。

食事の衛生管理に努め、様々な職種の方と連携し個人の栄養状態を把握・管理し、個人に応じた食事(治療食)・食物形態(刻み、トロミをつけるなど)で安心安全な食事を提供します。

仕事の魅力

事業団には多くの利用者の方や色々な職種の方とかかわる事が出来ます。多くの方とかかわることで、切磋琢磨し個人としてのスキルアップが出来ると思います。

また、栄養士としてメニューを考える事が楽しく、偏食のある方にどうしたら食べてもらえるか考え、利用者の方に美味しいと言ってもらえて、笑顔になってもらえることが嬉しく、やりがいを感じます。

また各施設、年に何度かの行事があり、職員が一丸となって作り上げ、協力して取り組める環境が出来上がっているところも事業団の魅力だと感じています。

事業団を選んだ理由

私は今まで特別支援学校や、老人保健施設の栄養士として働いていました。

事業団を選んだきっかけは、事業団には障害児者支援(知的障害・身体障害・精神障害)、子育て支援、高齢者支援、医療機関など多くの事業所があります。

事業所ごとに支援の方法が異なり、いろんな経験が出来るのではないか、また事業団内には多職種の専門家が近くにいて、いろんな意見が聞けて、先輩栄養士さんにもすぐに相談できる繋がりがあり、自分自身のスキルアップにもつながると思い、事業団を選びました。

専門職の役割

福祉施設で働くことは、私たちが普段食べている食事とは異なる事があり、ミキサーにかけたり、細かく刻んだりなど再調理をしないと安全に食べられない方々がいて個々に応じた食事形態の調整が必要になってきます。

食事は生きていくためには欠かせないものでもあり、生活の中の楽しみの一つでもあります。

それを普通にできる(ノーマライゼーション)という食事の提供、食環境づくりをし、個人のQOLを高めることのできる食事を提供することが、福祉施設で働く栄養士の役割だと感じています。

就職活動をしている皆さんへのメッセージ

福祉の現場で栄養士として働くということは、初めてのことばかりで、悩むことや戸惑うことが多くでてくると思います。だけど、事業団では相談できる方が周りにいて、また何より利用者の方々の声や笑顔に日々助けられます。人とのつながり魅力いっぱいの事業団です。是非一緒に働きましょう。

PAGE TOP