RECRUIT採用情報

ホーム職員の声多職種間の連携が利用者の方の人生を豊かにする

VOICE専門職員

多職種間の連携が利用者の方の人生を豊かにする
氏名 鈴木早苗
勤務先 南紀医療福祉センター
職種・職務等 看護師
採用年月日 昭和59年4月1日

仕事内容

障害児者の方が健康で有意義な生活を送れるように支援します。一人ひとりの健康状態を把握し質の高い看護の提供を行います。

仕事の魅力

事業団には福祉施設が多数あります。入所施設もあれば通所施設もあり、地域の福祉にとても密着しています。そのため身近な人を支えていると感じられ、仕事にやりがいを感じることができます。私は重心施設で医療ケアを必要とする利用者の看護を行っていますが、施設は病院と異なり支援員と一緒に利用者の方々を支援しています。異なる職種と勤務する事は難しさもありますが、違う価値観に触れる事ができ、一人の利用者を様々な角度からみる事ができます。事業団の魅力は多職種の専門家が様々な角度から一人ひとりの人生を豊かにする事に携われる事だと思います。

福祉施設で働く専門職の役割

疾病の治療のために入院する病院と異なり入所期間が長期にわたる施設では、それぞれの方の人生そのものを支える看護になります。幼少期から成人期、そして看取りまでの家庭で家族と共に過ごす時間を私たち職員と紡いでいく事になります。時には、利用者の方だけでなく家族の方も支えていくことが必要となります。戸惑う事もありますが、やりがいも大きいものだと思います。利用者の方、一人ひとりの障害と健康状態を把握し、質の高い看護の提供を行うこと、また他の職種と連携しながら楽しく日常生活を過ごせるように支援を行うことが役割だと考えています。

就職活動をしている皆さんへのメッセージ

初めて障害のある方々と触れ合った時は戸惑う事が多くて当たり前だと思います。けれど、すぐに私たちと何も変わらない事に気づく事でしょう。利用者の方々から学ぶ事も多いです。事業団には様々な事業所があり、その中から自分が就いてみたい仕事にトライできることも事業団の魅力の1つです。

PAGE TOP